転職希望者の求人とは

転職をしたいけど、何をしたらいいか分からないと漠然と悩んでいる人はいませんか。もしあなたが真剣に転職を考えているのなら、まず「転職のテーマ」を決めましょう。今の仕事の何が不満なのか。人間関係・給与・仕事の内容・レベルなど、人それぞれ異なるものです。そして、それが明らかになったら、「それでは自分が何をしたいのか」「自分がどうなりたいのか」のビジョンを明確にしましょう。うまくいかなかったら「これまで仕事をしていて、どんな時にやりがいを感じたか」を考えてみると、適職がイメージしやすくなります。

その後、希望条件を絞り込み、優先順位を決めて転職スケジュールを立て、求人探しに入ります。求人探しのもっとも一般的なものはハローワークに行くことです。それ以外にも、雑誌やサイトなどの求職媒体からから求人情報を探す、人材紹介会社に登録してカウンセリングを受け、適職の紹介を受けるなどがあります。

希望する職種が決まったら応募書類を作成します。作成する際には、自分のアピール点をすべて書き出し、職務経歴書には、自分が志望する職種に役立つスキルを優先的に記入することを忘れてはなりません。その後、面接を受けますが、転職理由はネガティブにならないように注意が必要です。

また、転職をするということは今まで勤めていた会社を退職することになるわけですが、転職先で気持ちよく仕事を始めるためにも、就業規則にのっとり、周りとのトラブルを起こさずに退職できるような心がけが必要です。退職の申請は早めに行ったほうが、引き継ぎも余裕をもってできます。

当サイトでは、求人活動を行う際の方法や、前の会社を退職する時の流れについてご紹介します。

 

■特集:学校の先生などに転職をしたい方はこちらの教員採用試験対策サイトなどが役に立ちます
⇒教員採用試験(エディースタッフ)

転職希望者の求人とは

求人探しで成功させる

転職したい意志は固まったものの、実際にどう求人を探したらいいのか分からない人はいませんか?最も一般的なのがハローワークから探すことです。ハローワークの場合は、求人企業が広告料を払う必要がないので、求人の量が非常に多いのがメリットです。 自分のペースに合わせて求人を探したいのなら・・・

引き継ぎはしっかりと

会社を退職するのは、就職が決まってから行う方と、先に退職してから求職活動を行う方といますが、いずれにしても、その会社には迷惑をかけないやり方で手続きを行うことが大切です。退職の申請は早いうちに行った方が、職場やお取引先に迷惑がかかりません。 転職先で気持ちよく仕事を始めるためにも・・・